ウォーキングの後は熱々のおでんを食べた夜

昨日の夜、ウォーキングのために外に出るとさきほど降っていた雪は止んでおり雲の隙間から月が見えていました。
それならもしかして後でふたご座流星群が見れるかもしれないという期待と、また寒い中外に行かないといけないという面倒くさいという気持ちが湧いてきて微妙な気持ちで歩きます。
雪はまったく積もっておらず非常に歩きやすいのですが、うっすらと積もっていたところでは長靴の底に張り付いて来て足の裏に違和感がありました。
そして帰宅したら入浴して夕食です。
この日のメインはおでんだったのですが大根、牛筋、練り物、肉団子、ゆで卵、餅巾着など具材がバラエティー豊かでとても美味しかったです。
でも熱くて口の中が火傷してしまいそれが少し嫌でした。
他には白いご飯に刻み生姜の醤油漬けをかけて食べたら予想外に美味しくて2杯目もそれを乗せます。
さらに瓶詰の少し良いマヨネーズを乗せるとさらに美味しくなりました。
そして次は食パンにそのマヨネーズと七味唐辛子を塗って食べたらやはり美味しくて満足です。